MENU

妊娠したら葉酸をいつから飲むか

妊娠したら葉酸をいつから飲むかというのは、初産の人にとっては、結構大事な問題ですよね。
私も初産の頃は、全然出産の知識がないし、ましてや葉酸なんて成分が必要になると知りませんでした。

 

 

産院のポスターを見ていても、厚生労働省は1日に必要な葉酸量は書いてあっても、
詳しい時期についてはあんまり書いていないこともありました。
『妊娠初期』って、範囲が広すぎて、わからないんですよね。

 

もっと葉酸をいつから飲むのか、具体的な日数で書いて欲しいなって思いました。
私が見たポスターがたまたま具体的な期間を書いていなかっただけなのかもしれませんが。

 

待合室でよく見ていたけど、葉酸の摂取期間は、ざっくりと妊娠初期程度しか書かれていなかったので、よくわかりませんでした。
妊娠3週でも、妊娠12週でも妊娠初期だけど、かなり差がありますよね。

 

でも、葉酸は妊娠中に飲めば、妊婦の貧血予防にもなるので、結局は飲み続けたほうが良いんだろうなって思います。
私はあんまり貧血タイプではなかったのですが、友達とかは葉酸を飲むことでかなり予防になったそうです。
採血とかの検査も多いので、そのたびにクラクラしている人とか、必ずいますので要注意ですね。

 

産院でもおススメされる葉酸サプリ

葉酸サプリは妊娠初期に産院からお勧めされるので、購入する人は多いと思います。
特に食事よりも葉酸サプリからの摂取をお勧めしているのは厚生労働省です。

 

葉酸は水溶性ビタミンB群ということで、調理中に葉酸が失われやすく、
しっかり1日に必要な量を摂取するのが難しいという欠点があります。
そのため、葉酸のサプリメントの方が、1粒で簡単に1日な必要量を摂取できるので、確実なんです。

 

葉酸は『効果を発揮するのに必要な量』というものがありますので、せっかく飲むなら、
摂取量を守れるやり方でなければ、意味がないのです。
食品から葉酸をいくら摂取できるのか、一般人が毎食計算しながら作るのはかなり難しい!

 

それこそ、栄養士さんなんかじゃないと、なかなか一般人には厳しいです。
そういう事情を考えてしまうと、サプリメントを利用する方が、手軽に葉酸摂取量の計算ができますので
、一般人にとってはすごく便利だと思います。

 

葉酸の効果を十分に感じるためには、やっぱり摂取量には注意をしたいところですからね。
せっかく食品から摂取しても、1日に必要な量が摂取できなければ中途半端になってしまいますし。
おまけに葉酸に含まれているほうれん草などは値段が高騰しやすいので毎日続けるにはちょっと割高になります。

 

葉酸サプリは粒が小さい方がおススメ!

 

葉酸サプリメントのランキングに翻弄されてはいけません!
葉酸サプリメントのランキングには載っていないサプリメントほど、意外に良い商品もあったりするのです。
でも、葉酸サプリメントは出来るだけ自分の好みで決めてしまって良いと思います。

 

というのも、葉酸サプリメントって『価格が高い=高品質』というのは確かに一理あるのですが
、『価格が高い=自分に合う』とは限らないからです。
自分に合うサプリメントは、もしかしたら一番価格が安いシンプルな葉酸かもしれません。

 

こればかりは、実際に飲んでみないと難しい物です。

 

ただ、私は友達と話をしていて一点感じたのは、高級で色々な成分が含まれているサプリメントほど、
粒がやっぱり大きめの印象があるのです。

 

やはりそれだけ、多くの有効成分が配合されているのですから、葉酸だけを配合しているサプリメントに比べて、
原材料が多いので、粒が大きめになるのも自然なことだと思います。
私が最初に飲んでいたネットで有名な葉酸サプリメントは、最初はすごく良かったのですが、

 

友達飲んでいるシンプルな葉酸に比べて粒が相当大きく、
友達の持っていたサプリメントがすごく飲みやすいことに感動したことがあります。
サプリメントは粒が小さい方が私は好みです。

 

ピジョンが出している葉酸サプリは小粒

妊娠中に私が失敗したこと。
それは『葉酸サプリ』選び。

 

ネットで有名人が宣伝している商品を思わず選んでしまったんだけど、実際に取り寄せたら思わず「デカっ!」と言ってしまったくらい粒が大きくて!
一粒飲んで、その飲みにくさに、「失敗したな~」って思いました。

 

ちょうど同じ時期にママ友さんが飲んでいたピジョンが出している葉酸サプリなんか、一つ貰ったらすごく小粒で飲みやすかったので、激しく後悔しました!
やっぱりサプリメントって、大きさは大事!

 

飲み込む時に、サイズが大きなサプリメントは、なんか喉につまりそうになるんですよね。
それを何粒も飲まないとなると、結構拷問です!

 

私はつわりの時に、粒の大きなサプリメントを飲んだら、気持ちが悪くなっちゃって、吐きつわりの原因みたいになってしまいました。
ピジョンが出している葉酸サプリみたいに、小粒なタイプが絶対にお勧めです。

 

ピジョンは葉酸サプリだけではなく、ベビーグッズを沢山出しているので、安心感がありますよね。
私もピジョンには哺乳瓶でお世話になったので、ブランドイメージ的にも、すごく印象が良いです。
なんで葉酸サプリもピジョンでお世話にならなかったのかと、自分の選択ミスを後悔しました。

 

葉酸は取りすぎすると副作用

葉酸は取りすぎすると副作用の危険性が出てきます。
サプリメントに従って、1日に決められた粒だけを摂取していれば葉酸は取りすぎることがありません。

 

しかし、食品で摂取しようと思うと場合、自分で摂取量をちゃんと考えないといけないため、場合によっては過剰摂取になってしまう可能性も考えられます。
そのため葉酸を取りすぎることを防止したい人は、食品からではなく、サプリメントを使ったほうが間違いありません!

 

食品でも葉酸は摂取可能ですが、摂取量までしっかりと計算することを考えると、やはりサプリメントの方が断然楽です。
毎日葉酸の摂取量を考えながら調理するのは面倒です!

 

おまけに、調理済みの方が、体内吸収が悪くなることもありますので、効率を考えても、サプリメントの方がおススメです。
何よりも、厚生労働省が、葉酸のサプリメントを推奨しているので、やっぱり出来る事なら食品よりもサプリメントを使うようにしたいですね。

 

葉酸の取りすぎによって、葉酸過敏症になってしまう人もいますので、気を付けましょう。
飲み方はちゃんと、使用方法に従って、正しく利用することが望まれます。
オーバードースで病院で運ばれることもありますので要注意です。

 

天然成分を配合する葉酸サプリ

葉酸サプリで天然成分を利用している美的ヌーボは、正直価格が高い。
他の葉酸よりも群を抜いて高い。
だから、最初の敷居はすごく高いと思います。

 

でも、使ってみると、その高さの理由がよくわかる気がります。
まず、妊娠中でも出産ギリギリまで働いていた自分にとって、『個包装』はかなり好感度大でした!
会社に大袋ごと葉酸プリメントを持っていくのは、正直かさばりますし、面倒くさい!

 

でも、天然成分を利用している美的ヌーボの葉酸サプリは、個包装で1日に飲む5粒だけが入っているから、持ち運びに便利なんですよ。
以前に他の葉酸を飲んこともありますが、やっぱり持ち運びが不便だったんです。

 

その点、外への持ち運びが多い働く女性は、天然成分を利用している美的ヌーボの葉酸サプリがすごく便利だと思います。
個包装のサプリメントって、なかなかないんですよ。

 

私も色々と見て探したけど、安いサプリメントほど、個包装はないですね。
個包装の方が、衛生的にもすごく安心ですし、やっぱりその場その場で使い切るのが良いですね。

 

衛生面や持ち運びの便利さを重視する人には、価格は高いけど使いやすい葉酸サプリメントとしておススメします。
働く女性にはピッタリだと思います。

 

葉酸サプリと認知症の予防

私の母は、祖母に葉酸サプリを飲ませて認知症の予防効果を期待しています。
でも、葉酸サプリの効果があるかどうかは、まだまだ数年後の結果を見てみないと、何とも言えない状況です。

 

認知症は話に聞いていると、本当に介護が過酷なようですからね。
聞いているだけで、大変なのに、実際にやるとなると、かなり凄いことになるんじゃないのかなって思いました。

 

自分はまだまだ親の介護は先なんですが、それでも自分の親が認知症になってしまったら、ショックが大きいだろうなって思いました。
ただのボケだったら良いんですけどね。

 

認知症の場合は、忘れたものすら忘れてしまうので、自分が誰だかも分からないそうですね。
息子であろうが娘であろうが、それすらもわからなくなってしまうなんて、本当に悲しい病気だなって思います。

 

自分が必死に看病していても、親が自分のことを忘れてしまい、他人に介護をされているような気分で、激しく抵抗するケースなんかもあるようですからね。

 

こういう状態になってしまうと、介護をしている方も報われなくなってしまいますね。
やはり自分のことは、ちゃんと覚えておいてほしいなって思います。
認知症にならないように、まずは予防から始めたいですね。

 

定期購入が一番安い葉酸サプリ

使ってみたいけど、価格が高すぎてこれまで躊躇していた葉酸サプリ『天然美的ヌーボ』のおすすめの購入方法は、ズバリ【定期購入】です!

 

葉酸サプリ『天然美的ヌーボ』をおすすめしている人も、やっぱり価格は他社の製品に比べて高いと指摘をしている人が多いので、定期便で少しでも割引をきかして買っていますね。

 

成分表示もしっかりしているし、品質の面では、良いことはわかっていますからね。
ただ、その分価格が、葉酸サプリの中では一番高い部類にはいているので、やっぱり購入を考えてしまいます。

 

価格の面がネックなのは、みんな一緒だと思いますので、やっぱり定期便の利用が一番賢いです。
そして、葉酸サプリを妊娠初期を過ぎた後も続ける方が良い理由がもう一つあるんです。

 

葉酸サプリ『天然美的ヌーボ』がおすすめの理由は、『母乳の出を良くする可能性』があるからです。

 

実は母乳って、『血液』で出来ているので、血液を製造する力を持つ葉酸を摂取すると、母乳不足の解消にも役立つと指摘されているのです。

 

産後は母乳育児で苦労する人が多いので、普段から貧血気味で血液不足に悩んでいる人は、葉酸サプリをしっかり飲んで、母乳対策をしておかないと、赤ちゃんが生まれてからが正念場になります!

 

男性が飲む葉酸の摂取量とは?

男性が葉酸を飲む時にどのくらいの量を飲んでいいか迷ってしまうことが多いと思います。
サイトや医師によっても、推奨している量はそれぞれ違っていますよね。

 

一般的に妊活中の男性は400μgくらいまでの葉酸を摂取するのであれば問題ないと言われています。
妊活男性に勧められている400μgの葉酸というのは、サプリメントで摂取すると2,3粒ですので、毎日続けるのが楽ちんです。

 

しかし、これが食品からの摂取となると、かなりの数の野菜を食べないといけなくなってしまので、かなり大変!

 

食品からの摂取は、加熱することなどによって本来の葉酸含有量の半分程度まで失われてしまうため、非常に体内吸収の効率が悪いと言われています。

 

大量の野菜を食べて、ようやく1日に必要な葉酸量を摂取できるような感じになるので、毎日それだけの野菜を用意をしていたら、相当な食費がかかります!

 

その点、サプリメントは、1カ月でも数千円で済みますので、経済的です。
野菜が高騰している時なんかは、食品からの摂取はきつくなってしまうのです。

 

経済的にもサプリメントの方がお財布に優しいです。
少しでも節約したい人は、葉酸サプリメントの方が安くておススメできます。

 

妊活に前向きじゃない男性

妊活に前向きじゃない男性っていますよね。
昔、東尾理子さんの妊活のドキュメンタリーを見ていましたが、あの石田純一さんさえ、最初は不妊治療にあんまり積極的ではなかったと知り驚きました。

 

でも、東尾理子さんはどうしても欲しかったようですね。
石田純一さんの場合は、再婚でお子さんが既にいたから、やはり子供を持つことに、それほど執着がなかったんだろうなって思いました。

 

一方の鈴木おさむさんは、すごく妊活に積極的だった印象!
やっぱり男性によっても妊活に積極で葉酸を一緒に飲んでくれるタイプもいれば、全く協力したくないっていう人もいるんですね。

 

こればっかりは、やはり男性の気持ち次第になってしまうので、難しいのかなって思いました。
ただ、どっちかっていうと、再婚で子持ちの人は、それほど子供を望んでいない男性が多いのかなって思いました。

 

子供のいない男性の方が、女性の妊活に協力的な印象があります。
でも、一番厄介なのは、やっぱり子供が嫌いっていう人でしょうね。

 

嫌いな子供を授かるために、嫌な検査を何度も受けたりしたくないっていう人は多いでしょうからね。
女性も子供が要らないっていうのであれば上手く行くのかもしれませんけどね。

 

葉酸サプリで子供を出産

子供がいる夫婦と子供がいない夫婦って、やっぱり考え方とかが、ちょっと変わってきますね。

 

子供がいない夫婦は、夫婦の生活の質を重視しているけど、やっぱり子供を持つ夫婦の場合は、子供の教育など、子供を優先した生活になっているような気がします。

 

私も昔は、「子供が生まれても、自分は自由でいる!」って思ったけど。
やっぱり、長い年月、子供を育てていると、どうしても愛情というものが強くなってしまいますね。

 

お腹にいる頃から、先天性障害にならないようにと葉酸サプリを飲んで、大事に大事に育てていたので、やっぱり子供が大事になってしまいます。
葉酸サプリで妊活しながら子供を授かった人なんかも、やっぱり子供を手塩にかけて育てている人が多いような気がします。

 

自分の子供っていうのは、想像以上にかわいいんだな~って思いました。
自分が親になって、初めて親の気持ちを知ることになりました。

 

子供の中心の生活になってしまっているから、やっぱり子供がいない人と話をしている時になると、お互いに興味のある分野が違うのでやっぱり合わなくなってしまったりしますね。

 

徐々に疎遠になってしまう友人もいますし。
こればっかりは仕方ないのかなって思いました。