MENU

妊娠線とララリパブリック

妊娠線が出来る原因って知っていますか?
妊娠線はお腹が大きくなりはじめて5ヶ月から7ヶ月の間にできやすくなります。

 

出来る場所としては、お腹やバスト、太ももといった部分にできやすくなります。
妊娠線というのは神秘の断裂痕になりますので、一度できると目立ちにくくすることはできますが、完全に消えることはありません。

 

妊娠線が出来てしまう原因というのは、お腹、おしりが短期間で急激に大きくなるからです。
そして皮膚が伸びることでその伸びに追いつかずに断裂してしまって、妊娠線が作られてしまうのです。

 

妊娠線がたくさんできる人もいますし、1本もできない人もいます。
初めての妊娠が26歳以上であれば90%以上という高い確率で妊娠線ができてしまいます。

 

完全に戻すことはできないので、事前にしっかりとケアをしておくようにしなければなりません。
妊娠線を予防するためには、とにかく保湿を心がけることが重要です。

 

お腹が大きくなる前から断裂が起きてしまいやすい部位には、皮膚に水分をたっぷりと与えてあげることが重要です。
妊娠線を予防する専用クリームなどもありますので試してみてください。

 

ララリパブリックの葉酸を摂取していても、この妊娠線は予防できないので十分に注意しておいてください。